ブラックバス【池原ダムⅡ】奈良県吉野郡下北山村【ポイント】ビッグベイト/2019年10月22日

①ヒッティングまで

今日は9年振りにあのバサーの聖地、「池原ダム」です!

出発は午前2:00です。

現地到着は午前5:00過ぎ。

まだ真っ暗です。

天気予報は雨のち晴れ。

本当に晴れてほしいです。

ボート乗り場に着き、ボートに乗ります。

池の水は透明で綺麗です。

乗り場付近にバスの姿はありません。

いよいよ開始です!

久しぶりの池原ダムは雄大な自然を感じさせてくれます

 

後はビッグバスを釣りあげるのみ!!

天気も予報通り、雨もやみ晴れになってきています。

まずは近場の倒木や朽木の溜まりへ移動です。

今日はとにかくビッグベイトをたくさん投げようと思っていました。

溜まりの際へキャストします。

ん~、無反応。。。

ですが、何投目かの時です。

約30cm位の魚影が!!

ビッグベイトを追いかけてきています。

慌てず落ち着いて、アクションさせますが、、、残念。

 

切り替えて、ワームを溜まりの中へキャストして狙いましたがやはり反応なしです。

場所を変えていると流れ込みの音が聞こえたので移動しました。

すると久しぶりに見るクリアな水のインレットです。

※インレットとは、最上流以外の流れ込みのことです

ここでもルアーを変えましたが釣れずです。

お昼過ぎからは備後筋でトライです。

移動しているとボートをとめた二人組の1人が丁度、釣りあげているところでした。

場所はシャローエリアで、遠くてはっきりは見えませんでしたが仕掛けはどうもダウンショットリグっぽかったです。

自分が釣れていなくても同じフィールドで釣れている人を見て、釣れている人が居ることがわかると嬉しくなります。

 

 

しばらくボートを進ませ、シャローではありませんが仕掛けをダウンショットリグに変更です。

やはり、「学ぶ」は「まねぶ」からですね(笑)

しかし、、結果はダメでした。

さらにポイントを変え、ルアーを変え、ワームを変え、幾度となくキャストします。

そしていつしか夕方になり、ボートの返却時間の17:00が気になりだした頃、最後だと思い、巻き物を投げようと「ガンクラフトのジョインテッドクロー」を投げました。

すると、最後の最後に追いかけてくるじゃないですか!!

それもどうしたことか投げる度に追いかけてきます。

表層でとめたり動かしたり、わざと深いところへ潜らせたり、色々駆使しましたが、ついに最後まで喰わせることはできませんでした。

残念!!

 

結果としては坊主でしたが、久しぶりに大自然の中、トンビの鳴き声を聞きながら、ルアーを追いかける魚影が見られたので大満足でした。

最後に、ボート乗り場へ帰り、レンタルボートのおじさんに言われた一言を書いておきます。

おじさん「釣れた?」

私「いや~やっぱり難しいですね。」

おじさん「そりゃ、9年振りでそんなに簡単に釣れたら世話ないわ(笑)」

 

ですよね~(笑)

また、来ます!!

私がバスフィッシングのイロハを教わったバスプロ達
👇
菊元 俊文 ・・・ ジグの魔術師!
清水 盛三 ・・・ 正にファンタジスタ!
サタン島田 ・・・ 池原と言えばこの人!
田辺 哲男 ・・・ パターンフィッシングの伝道師!
奥村 和正 ・・・ 『deps』代表者!デカバスハンター!

②場所

池原ダム・・・奈良県吉野郡下北山村大字上池原

③レンタルボート

CLUB IKEHARA

最新情報をチェックしよう!
>パライバトルマリン

パライバトルマリン

世界三大希少石の一つ【パライバ・トルマリン】はどうしてあんなに【高価】なのですか?

CTR IMG